旬の魚介

鱧(はも)

2021.08.19

このたびの豪雨災害により被害を受けられた皆様には謹んでお見舞い申し上げますとともに、被災地域の一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

鱧は体が細長く最大2mに達することもある大型の魚です。
名前の由来については、鋭い歯で人に向かってくることから「はむ(食む)(咬む)」から「歯魚(はも)」という説。また、生命力が強く、体に良い栄養が「豊か」であることから「魚+豊=鱧」といった説もあります。

魚介の特徴
美味しい理由

白身魚であり、栄養価の高い魚です。
鱧は身の中にも長くて硬い小骨が多いので、「骨切り」という皮を切らないように細かい切込みをいれて小骨を切断していく下処理が必要です。
一手間かかりますが、骨ごと食べるのでカルシウムが豊富であり、良質のタンパク質やビタミン、コンドロイチン、葉酸も含まれています。

おすすめの食べ方

骨切りをした身を湯引きして梅肉酢や酢味噌、ポン酢で食べるお造りがおすすめです。
また、酢の物・押し寿司・天ぷら・照焼き・鱧鍋など調理法は様々あります。

見分け方

ぬめりに透明感のあるものが新鮮です。骨切り処理が難しく歯も鋭いため、下処理されたものを購入することをお勧めします。