旬の魚介

ゲタ(舌平目)

2021.02.09

冷たい風の強い日が続いていますが皆さんお元気でしょうか。
高松市中央卸売市場の水産棟には漁師さん達が悪天候の中、一生懸命とった魚が入ってきます。

そんな魚の中で今美味しい旬の地魚はゲタです。
ゲタとは香川・岡山辺りの方言で舌平目の事を言います。
背びれ、尾びれ、尻びれがつながっていて下駄の表面のようにのっぺり平たくなってるのが特徴です。

魚介の特徴
美味しい理由

ゲタは他の魚と違って子を離すまでが食べ時です。
このあたりでゲタは年間通して取れますが12月頃〜徐々に子を持ちだし
子を持つ前と子を持った時は身が肉厚になり食べごたえ抜群です。

おすすめの食べ方

ムニエル、唐揚げ、刺し身などのどの食べ方も美味しいですがイチオシは煮付けです。
皮目がトロッとし煮付けのタレに細やかな繊維の身を絡めて食べると絶品です。
また子持ちは身と違った食感もプラスされ、皮目のトロトロ感、身のシットリ感、子のホロホロ感と1度に色々な食感が楽しめます。

見分け方

お腹部分にオレンジ色の筋があるものが子持ちです。
薄いのでわかりにくいのですが斜めから見たとき盛り上がっているものを選んで下さい。
またスーパー等で売っている切り身なら身の幅を見てできるだけ分厚いものを選びましょう。