旬の魚介

讃岐さーもん

2021.05.18

今年は例年よりも早い梅雨入りになりました。
高松市中央卸売市場水産物棟では讃岐さーもんが出荷されています。

東日本大震災の津波の被害により、岩手県内の養鱒業者が養殖用のニジマス種苗の出荷先に困っていたことを知った香川県の漁業関係者が、被災地支援の意味も込めて、同じ年の12月からその種苗を用いて、香川県内で養殖を試みたことが讃岐さーもんの始まりです。

魚介の特徴
美味しい理由

讃岐さーもんは4種類のハーブ配合飼料で育成されています。
このハーブの効果により、鮮やかなオレンジ色の身肉、臭みの少ない、歯ごたえのある食感といった特徴が現れます。

おすすめの食べ方

加熱してもおいしいのはもちろん、讃岐さーもんはぜひ生食で召し上がっていただきたいです。
刺身やカルパッチョ、タタキなどがおすすめです。

写真提供:香川県水産課

見分け方

讃岐さーもんは水揚げから24時間以内で量販店での販売が可能です。そのため、より鮮度の高い状態で消費者へ提供されています。